読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

体が硬い人でも大丈夫なピラティス

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

ピラティスを習おうと思っている人がよく口にするのが「体がとっても硬いのですが、大丈夫ですか?できますか?」

 

答えは「大丈夫」です!

 

私自身、昔から体が硬く、前へかがむ前屈が大嫌いで、床に手がつかないことが多々でした。朝一なんて、更に硬いし。

 

ストレッチだけでも柔らかくなりますが、ピラティスを背骨や関節をしなやかに動かすと、効果は更に高くなります。

 

体が硬くなる原因

骨や関節周りの筋肉を動かすことが少なくなると、体が硬くなります。社会人なるとデスクワーク、立ち仕事で、同じ姿勢を長時間とるようになり、運動する機会がめっきり減ります。

 

減ってるでしょ?

動かさないと、筋肉は衰えるし、硬くなります。

 

例えば、自転車のタイヤ。

使ってないと空気、ゴムの弾力性が減り、パンクしやすくなります。使い物にならないというか。

 

体を柔らかくする解消法

動かす機会が少ない筋肉を意識して、動かすのがピラティスです。お腹を引っ込めて、背骨を一本ずつ動かすイメージをしながら、動きます。

 

肩甲骨や股関節を動かすエクササイズが多いので、全身がほぐれますよ。これをやることによって、私の体もだいぶ柔らかくなりましたね♪♪

f:id:pilates-club:20140516113743j:plain

まとめ

スタート時点では、体が硬くてもピラティスをすることによって、体が柔軟になってきます。今まであった体のコリや張りが解消されます。

 

体の硬い人の方が、体の変化がわかりやすいので、楽しく続けることができますよ♪

 

 ★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠