読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ダイエットと食事

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

「ダイエットは運動1割、食事9割」という本を買いました。

 運動指導者が断言する本なので、すごく参考になりますよ。

 

私自身の体重コントロール

体重をコントロールしたいと思った時は、自分でもやっていますが、やっぱり食事が一番です。「体は食べ物でできている」と言われていますから、それをうまくコントロールしないと体重は減りません。今の自分の体は、今までの結果ですしね。

 

食べるのが好きな私は、食生活を徐々に変えましたね。今はすごく出来ているかと、疑問点はあるけれど、段々マシになっています。

 

f:id:pilates-club:20140525175627j:plain

3年前です。

元々大太りはしていませんが、もう少し体重を減らせたらなという感じでした。

f:id:pilates-club:20140525175804j:plain

最近です。

服装の違いはありますが、3kgほど違うので、全体的に肉が落ちましたよ。

 

運動だけでは痩せられない

ダイエットを始める時、「運動で痩せる!」と意気込む人がいますが、運動の消費カロリーは本当に少ないです。菓子パン1個食べたら、あっという間に摂取カロリーが多くなる。ゲエェェェ。。。

 

スポーツ選手が減量する時、食事の量や質をコントロールしています。運動をめっちゃしているので、目標体重にするには食事しかありません。

 

昔、フィギュアスケートの浅田真央選手が、シーズン中は甘いものは控えているという話を、テレビで話してましたね。

 

好きなだけ食べたら太る

太るというのは、結局食べ過ぎなんですよねぇ。特に偏った食生活をしていると、足らない栄養素を補おうとして、また食べたくなる。

 

詳しくは本を読んでいただくと、偏った食生活というのが分かりますよ。

 

うちのピラティス教室に来る方で、段々太ってきたから痩せたいと思っている人の好きな食べ物は「パン」が多いです。これは絶対止められないそうです。あと「ビール・お酒」

 

多分、ちょっとだけじゃなく、思ったよりたくさん食べていると思いますよ。

 

短期間で減らしすぎないように

贅肉が付いた期間は、たった1日、2日ではなく、何十年も熟成された人が多いです。知らない間に体重が増えましたよね。最近は「チャンピオンベルト地帯」と呼ばせていただいてます。

 

雑誌の広告などで「たった2週間で15kg減」とか書いていますが、あれは非常に危ないです。

 

急に減らすと、体が「飢餓がきた~」と思って、減らないように防衛体力が働き、リバウンド率が高くなりますね。

 

1ヵ月1kgぐらいで、体に「飢餓がきた」と思わせないのが、一番理想ですね。

 

まとめ

本やインターネットで正しい痩せ方を書いているので、しっかりリサーチしてくださいね。短期決戦とか、「○○だけダイエット」とかはだめですよ。

 

正しいダイエット法を実践すると、結構うまくいきますが、完璧主義でいくと失敗するので、徐々に、ぼちぼちでやっていきましょう。

 

★お問合せ

 ピラティス倶楽部 ama.p.club@gmail.com