読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ダイエットと運動

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

昨日は森拓郎著書「ダイエットは運動1割・食事9割」のご紹介でした。

 

今日は「ダイエットと運動」です。

体重を減らすも増やすも食事が一番ですが、じゃあ運動は?

 

適度な運動

 ・体の機能などを衰えさせず、老化や退化を遅らせる

 ・運動を続けると体脂肪率が少しずつ落ちる

 ・適度な運動はストレス発散になる

 

運動続けると、やっぱり体脂肪が少しずつ減るし、血行や気(エネルギー)の流れも良くなり、体全体がスキッとします。

 

骨や筋肉は運動という刺激がないと、衰えるのが速いですね。じっと立っている、座っているだけでは、骨がもろくなるし、筋肉は細くなりすぎ、毎日の活動に影響がでてきます。体が弱くなる!特に下半身は、上半身の3倍の速度で衰えるともいわれています。

 

細いウエストを保つには、いい姿勢をキープ

ウエストが細いというのは、女性にとって永遠のテーマかもしれません。

 

100cmあるウエストを急に66cmにと言われると、まず食事でダイエットがいりますが、今のウエストを少し細く見せるには、ピラティスなどの体幹トレーニングをするのが効果的!いい姿勢をキープすること!

 

f:id:pilates-club:20140525192447j:plain

姿勢が悪いと、お腹周りのお肉がたるみますので、太~いウエストを世間の皆様に提供することになります。

 

お腹を引っ込めて、いい姿勢を保つと、縦長シルエットになり、お腹周りのお肉のたるみが少しマシになります。細いウエストを、世間の皆様にみせることができますよ!

 

お腹を長い期間ゆるめて、弛ませていた人は、お腹を引っ込めるということができなくなっています。運動機能の低下!

 

うちのピラティス教室に初めて来る方で、出来ない人がいますよ。マジで!本来できるはずの動きができなくなったということです。

 

食事と運動の併用

 ダイエットは食事が一番ですが、運動も併用して、いい体づくりをして欲しいと願っています。「食事だけ」「運動だけ」だと、健康的な体を維持するには、無理が生じますから。

 

★お問合せ

 ピラティス倶楽部 ama.p.club@gmail.com