ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

【本のご紹介】食品の裏側2

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

安部司著書「食品の裏側2」をゲットしました。

 

電車に乗ると、この本のポスターがめっちゃ貼ってあり、買ってしまいましたぁ。()

 

原材料の表示方法

原材料は多い順に表示されています。

激安ハンバーグ弁当はハンバーグ、ナポリタンのスパゲティー、キャベツ千切り、白ご飯が中身で、原材料、添加物が重複するものは2回続けて表示せず、できるだけ少なくしています。

 

使われている添加物と表示される添加物が違ってます。びっくりするぐらい添加物が入っていますよ。

 

添加物なしではつくれない食品

「なぜこんなに大量の添加物が使われるのか」不思議に思いますが、添加物が使われる理由は

①安い(増量、置き換え、フェイク、もどき食品で単価が下がる)

②簡単(料理の面倒さを解決)

③便利(保存性といますぐ欲しいという欲求を同時に満たす)

④きれい(見た目を美しくする)

⑤オイシイ(濃厚な味をつくる)

大別すると5つに分けられる。特に「安さ」は添加物が大活躍。

 

添加物が本当に怖い理由

添加物がたくさん入っているせいで、塩分、油分、糖分の摂りすぎがわかりづらい。

50gの砂糖が入っているコーヒーは飲めないけど、同じ糖分量の清涼飲料水は飲めます。添加物で舌がマヒするみたいですよ。

 

本を読んで

この本を読むと、その辺で売っている安い弁当は買えないですね。といいながら、今日の昼ごはんは、全国チェーン店のちゃんぽんを食べました。後で胸やけがきましたよ。次回は、止めた方が良さそうです。

 

私の転機

3年半前に胃の調子がずっと悪く、精神的ストレスと思ってましたが、添加物も関与してますね。昔ほど添加物をバリバリに食べていましたから。

 

食べて胸やけするものは、食べなくなりました。この時は、胃腸が弱いんだと思ってましたが、最近、私の胃腸は優秀だということに気が付きましたよ。これ以上食べたら、自分の体がおかしくなるって教えてくれてるんだ!

 

本物を食べると違いがわかる

(多分)3年前から、出汁をちゃんととり味噌汁を作るようになりました。これは胃腸より、花粉症などの体質改善をやりたかったので。

 

最初はおいしいかどうかはわからなかったんですが、1年ぐらい経ったとき、だしの素の粉末を使って味噌汁を作りました。めっちゃまずかったですぅ。舌がしびれるというか。。。

 

安いファミレスのハンバーグなどを食べた時も、舌がしびれるので、そこは行かなくなりました。何入れてんの?こわ~。

 

本物を食べ続けると、フェイク(もどき)が分かりますよ。フェイクばっかり食べていたら、バカ舌になり、味がわからなくなりますね。

私の反応は、舌がしびれる!胸やけ!下痢!

 

ひじきはたくさん作りました。

 

晩は白ごはんは、基本食べません。

惣菜を買う時もありますが、できるだけ手作りをしていきたいと思ってま~す。

 

皆さんの食生活はいかがですか?

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠