ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

人生の9割は逃げていい

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

本のご紹介です。

「人生の9割は逃げていい」井口晃著書

 

第1章 逃げ続ければ人生は変わる

著者の井口さんは、中高でいじめられ5回転校したそうです。その後もいろんなことから、逃げまくり、逃げる中で「選ぶ力」がついたと書いています。人を見る力がつくと次のステージが待っていた。

 

そして、井口さんは「何が好きなのか」「したいのか」を真剣に考え、「言葉を使って、多くの人に影響を与える仕事がしたい」という結果に至ったと。

 

「逃げる」という言葉を使っていますが、たくさんの経験をしたということですよね。同じ場所にいると、視野が狭くなるし。

 

第2章 なぜ、逃げた方がうまくいくのか?

「逃げてはいけないと思い込んでいませんか?」

私自身も一度引き受けた仕事は、何があってもやりぬくぞ~!!!と完璧主義に走ってしまいます。日本人の悪い癖ですね。逃げちゃダメダメ!

それを続けることによって、自分の首を自分で絞めてしまうことがあります。

 

今の私!

しんどいのに休めない!じゃなくて休まない!

   ↓

逃げる=休めばいいじゃん!もしくは辞めればいいじゃん!

(なんで関西弁じゃないのか…(笑))

 

「逃げることでストレスがかからない」

「逃げれば仕事も楽になる」

「逃げればくよくよ悩むこともない」

ホンマそうです。(関西弁に戻る)

最近、しんどいだけで、ワクワク感は一切なし。おもろなさそうでしょ?

 

第3章 今すぐ逃げるべき仕事のこと

「長時間労働からは逃げていい」

「完璧主義から逃げていい」

これこれ!休みなくだらだら続けると、モチベーションが下がるし、能率が悪くなる。人のことはよ~くわかるけど、自分のことは自分が一番わかっていない。読み進むほど、笑けてきて、これ私のことを書いてるの?なんて思ったほど。

 

第4章 今すぐ逃げる人間関係のこと

「メールから逃げていい」

無駄な仕事の一つがメールの対応で、受信したからいちいち確認していると、時間がいくらあっても足りません。いい仕事ができなくなるので、時間を決めて対応することを提案しています。

 

これは、フェイスブックなどで、他の方も書いてました。時間は無限じゃないですからね。

 

私はスマホを頻繁に見るクセがあるので、それを修正したいと思います。アプリの受信数表示を殆ど無くしましたよ。数字がついていると、見たくなりますよね。(笑)

重要なメールで返信してなかったら、相手は電話をしてくると本にも書いていました。確かにそうですわ。

 

第5章 今すぐ逃げるべきお金のこと

「古いものから逃げていい」

身に着けるもの、使うものは古いものを使い続けるのではなく、できれば何年かに一度は買い替えるなどが必要だそうです。

 

例えば財布。財布を見るたびに無意識に10年前に買った財布だという記憶がよみがえるので、同時に10年前の自分のことも思い出します。

 

確かに思い出しますわ。鞄、財布、服、自転車などなど。あの時に買ってん。

古いものを切り捨てるわけじゃないけど、新しいものを使いだすと気持ちがリニュアルしますよね。

 

第6章 今すぐ逃げるべき自分のこと

「グズグズ癖から逃げていい」

私はグズグズ系で、やり始めるまでに時間が相当入ります。もっとフットワークを軽くした方がいいね。

 

本当に気分が乗らない時は、違う何かをすると気分転換できます。本には、よく「スポーツがいい」と書いてますが、私はスポーツ系だから文科系の何かがいいかもしれませんね。お習字とかね。

 

まとめ

今日は27日ぶりの休みでしたが、体調が思わしくない日でした。頭痛、腰痛など、あちこちが痛いし、胃の調子が悪い!

 

この本を読んで、自分がガチンコ勝負しすぎ、完璧主義かがよくわかり、いくつかあるスポーツのレッスンから逃げてもいいなと思いました。

 

そう思うと、な・ぜ・か楽しくなってきて、体の調子がマシになってきました。やっぱり気持ち、モチベーションで体調もかなり左右されるんだと気づきました。

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠