ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

トレーニング後の超回復

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

筋肉痛の度合い

昨日、バドミントン教室2回目で軽い筋肉痛になっています。2週間前の1回目の後は、3~4日筋肉痛がとれずにいました。きつかったですよ。

 

2回目ともなると体が慣れてきて、筋肉痛の度合いが低くなります。これはどのトレーニング、スポーツでもいえます。(ほぼ同じぐらいの運動強度)

これを「超回復(ちょうかいふく)」といいます。

 

超回復で筋肉が強くなる

トレーニングをしたら、必ず筋肉の繊維は断裂し、修復します。修復に48時間~72時間といわれています。この時間は、トレーニングの種類や個人の回復速度の問題があるので、おおよそと思ってください。修復時に発生する痛みを筋肉痛といいます。

 

筋肉は一度トレーニングを経験すると、少しずつ強くなります。超回復するので、2回目同じトレーニングをしても、しんどさが少なく、筋肉痛が減りますね。

回数を重ねるごとに超回復を繰り返すので、3回目はもっと楽になります。

 

バドミントン教室だと、打つことで、首、肩、背中、腰あたりが筋肉痛になる確率が高い。1回目はここがめちゃくちゃ筋肉痛でしたが、今回はだいぶマシ!!ウフフ。

 

筋肉痛時のケア

強い運動をした直後は炎症が起こっているので、たくさん使った部分をアイシングといって、氷で冷やしましょう。よく野球のピッチャーが肩を冷やしてますよね。

 

翌日以降は体を温め、血行をよくして、回復を促進させましょう。軽い運動なら筋肉もほぐれるし、ストレッチをして、疲労物質を少し取りたいですね。

あとはしっかり寝て、回復させるのが一番!

 

筋肉痛は筋肉の進化

筋肉痛は決して悪いものではありません。筋肉が強くなっている最中に起こる痛みなので、私は「筋肉の進化」と呼んでいます。努力の証でもありますよね。

 

しっかりケアをして、次に望めば、ケガをすることはありませんので、トレーニングのやりっぱなしに気を付けましょう!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠