ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ピラティスでバランスのいい体づくり

こんにちは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

ピラティスでバランスのいい体づくりについて

 

毎日のクセ

毎日無意識に動いていると、アンバランスなことをしているが多いです。

 

・鞄をいつもどちらかの肩で持つ

・足を組んで座る

・スポーツをして利き手、利き足ばかりをすごく使う

・仕事をする体勢がいつも右側、もしくは左側に捻っている

・立っているときに、どちらかの足に重心をかける

などなど、様々な場面でアンバランスな動きをしています。

 

ピラティスでバランスのいい体づくり

ピラティスは、センター(中心)を意識して動くので、アンバランス→バランスよくに変えてくれます。

 

仰向けで寝た時に、顔の向きが自然に右側(左側)に傾く人がいますが、そこをまっすぐにしてもらい、トレーニングに入ります。

 

脳はよく勘違い、思い込みをするので、歪んでいる時間が長いと、それがまっすぐだ!と思ってしまいます。それを第三者が姿勢チェックをして、トレーニングすると、1時間のレッスンが終わるころには、ずいぶん良くなっていますね。

 

セルフモニタリング

セルフモニタリングといって、レッスンの前後に動きのチェックをします。

・立って床に手を伸ばす、前屈

・体を捻り、左右差をチェック

・片足立ち  などなど

アンバランスは、体の捻り、片足立ちなどに出てきますので、レッスン後はそれがかなり良くなります。

 

捻りにくかった方が、捻りやすく。

片足立ちでふらついていた人が、しっかり立てるなど。

みなさん、びっくりされますよ!!

 

ちょっとしたことで、アンバランス→バランスよくに変わりますから、皆さんもピラティス、体幹トレーニングを試してみてくださいね。

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠