ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

長く続ける仕事

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

スポーツインストラクターをしている私ですが、昔から社会の先輩から「いつまでも続けられる仕事じゃない」とよく言われていました。

本当でしょうか?

 

一般的な話

スポーツを教えていると、普通より体力を使うので、「いつまでもやってられへんやろ~」みたいなんです。世の諸先輩方はインストラクターや指導員を続けてないから、そう言います。

 

続けてない人は体育の教師をしていたけど、教育委員会に入って事務職になった。

長くインストラクターをしている前例がないからという理由で、それを私にぶつけてきます。

昔から「ふ~ん、そうなん?」ぐらいにしか思ってませんでした。

 

あるとき、10歳ぐらい年下の指導員が「いつまでもやりませんから」と先輩に向かって言いました。びっくり!まだまだ若い人だったので、何を言ってるんだろ~???

 

続けるかどうかは自分しだい

私は今のところ、大病もせずに続けることができています。周りが言うように続けられない状況ではないので、続けられるだけ続けようと思っています。

 

ただ、絶対続ける!ではないので、続けていった先に方向変換の時がきたら、止めるかもしれません。自分しだいでしょうね。

俳優や女優も体力仕事ですよね?何十年も続けている人がいる。同じでしょう!

 

自然な流れ

体を壊したらできない仕事ですが、他の仕事の同じじゃないかな?

 

「次のことを考えてた方がいいよ」とアドバイスがよくくる。今の仕事が一生懸命だから、次のことは考えてません。体を壊したら、その時に次を考えることにしようと思っています。なぜなら、壊さない確率もあるからねぇ。

 

昔から、この仕事をずっと続けるイメージがあります。しかし、ずっと同じテンション、モチベーションじゃないので、しんどいなと思うことがありますよ。実際問題!

 

その時は違う仕事のシュミレーションをしています。違う仕事をしている姿が想像できないので、やっぱり今の仕事かぁ~!と思っちゃいますね。

自然な流れに任せます。直感を信じて!

 

みなさんは長く続ける仕事を考えたことがありますか?

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠