ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

腰痛の原因は足裏アーチの崩れ

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

腰痛が長引いていて、自分の体がどうなっているのか知りたくて、豊中市庄内駅近くの「コンディショニング maru」へ行ってきました。ピラティスの受講生から丸尾トレーナーを紹介していただきました。

 

立位の時に痛むので、主に下半身を調整!

股関節の動きが悪かったり、膝と膝下の骨の位置などがずれていたりでしたが、最終的には足裏アーチの崩れではないかという判断。

 

捻挫後のかばうクセ

昨年3月にごっつい捻挫をしてから、どうも左足首をかばっているようです。痛みがある頃は、かばっているのを自分でも知っていましたが、痛みがなくなると前と同じに戻ったでしょ!と思っていました。

 

捻挫は、一瞬にして靭帯が強烈に伸びるので、弛んでしまいます。ゆるいけど足首がぐらぐらじゃだめだから、周りの筋肉が勝手に硬くガードしています。

自分では硬いと思っていましたが、丸尾トレーナーに診てもらったら、ゆるいですねと言われました。あれれ!

 

内反捻挫(小指側に捻る)だったので、小指側に体重を乗せるのが怖くて、親指側に体重を乗せていました。なので、内側の縦アーチが崩れちゃって、いわゆる土踏まずですが、そこが床についていました。だから、股関節や腰に影響しているのではということでした。

 

調整していただいたら、いつも踵重心だったのが、少し前に戻って、腰が伸び、痛みが軽減しました。足裏のアーチも正常へ。

 

立っても座っても、いつも左の膝が内側へ入っていて、股関節がしんどかったのですが、スッキリ~♪♪

あっ、ボギボギバキバキはされてないですよ。緩めたり、機能的に動かしたりして調整です。(笑)

 

日常生活での足裏アーチ調整

日常生活では、土踏まずのアーチを守るインソールを使った方がいいとアドバイスをうけました。レッスンでは靴を履かないことが多いので、キネシオテープを足裏にVの字で貼るよう教えていただいきました。

 

帰りは、ドラッグストアでキネシオテープとインソールを買いましたよ。

インソールは、東急ハンズなどで種類がたくさんあるものをためし履きさせてもらい、一番合うのを買えばいいと言われましたが、今日行けなかったので、それまではドラッグストアのものを試そうと思います。

 

内側の縦アーチを改善する運動

椅子に座って、つま先と踵は床から離さないようにして、尺取虫みたいに動かします。これで内側の土踏まずのアーチが整ってくるようです。

というわけで、ピラティス教室でも尺取虫運動を入れるのは言うまでもありません。(笑)

一般の方もそういった調整が必要な方もいますよ。きっと!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠