読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

タフな体は部活のおかげ

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

今週に入ってものすごく暑い日が続きます。今日のお昼近く、体育館のピラティス教室は自転車通勤25分したのですが、出発前に勇気がいりましたよ~。あつい!!

 

中高の部活 バレーボール部

大学を卒業してから、スポーツをずっと教えてきていますが、同じ年代の人と比べるとかなりタフな体です。それを支えているのが中学・高校でやっていた部活ですね~。夏休みは殆ど休みなく部活!!

 

中学校は半日練習でしたが、夏休みはお盆休みが少しだけあっただけで、殆ど部活でした。まだ楽しさがあった頃です。お隣は男子バレー部が練習していたし、好きな先輩もいてたし。

 

高校は本格的にバレーボールをするところへ進んだので、もうええで!というぐらい練習しました。夏休みは朝から晩までずっと!

合宿ともなると、朝ご飯前の早朝練習から、寝るギリギリまでずっと練習!練習!練習!

 

バレーボールをしすぎて、バレーが嫌いでしたね。そして、あんなに暑い体育館で、熱中症にならずにず~っと動いていました。

 

私が高校の頃は、練習中は「水を飲むな」でしたから、かなりきつかったです。内緒ですが、トイレで顔を洗うふりして、水を飲んでましたね。(笑)

 

社会人でもバレーボール

社会人になったら、職場のメンバーでクラブチームを作り、よく大会に出ていました。練習は殆どしませんでしたが、メンバーが本格的なバレーボール経験者だったので、全国大会に出場することができました。

 

その1回目の全国大会がものすごい暑さで、自分たちの試合が始まるまでに熱中症になってしまい、試合中はずっと体がしびれていて、思うように動けませんでした。あれは死ぬかと思いましたが、何とか予選通過できましたね。

 

バレーボールを通して

バレーボールを通して、タフな体をゲットすることができました。

過去に一番しんどいことを経験していると、今でも「あの時のしんどさと比べると…」と思い出し、ちょっとのしんどさは頑張れちゃいます。

1回ぐらいは物凄くしんどいことをしておくもんだなぁと思います。

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠