読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ふくらはぎのケア

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

今朝、健康カプセル元気の時間で「ふくらはぎケア」についてをやっていました。

 

ふくらはぎは第2の心臓

ふくらはぎは第2の心臓と言われています。心臓から送り出された血液は、全身をまわり静脈を通って心臓へ戻ります。下半身へいった血液は心臓からかなり遠いので、血液の勢いが弱まります。

 

ふくらはぎの筋肉が収縮することで、静脈が圧迫され、血液を心臓へ押し返しています。筋ポンプ作用とかミルキングアクションといいます。ふくらはぎを動かさないと、血液の流れが悪くなります。

血管の弁は、血液が逆流しないように門の役割をしています。

 

筋ポンプ作用が衰えると

・血流が悪くなり、熱を体の隅々まで運べない(冷え)

・血液やリンパの流れが滞り、足がむくみやすい

・筋肉のバランスが崩れ、姿勢が悪くなり、肩こり、腰痛、膝痛の原因になる

・免疫力、自然治癒力がダウン

 

ふくらはぎを動かさないだけで、色んな症状が出てきますので、デスクワーク、立ち仕事であまり歩かない人は要注意です。

 

座っていても足を動かす

貧乏ゆすりをする人は、傍迷惑ですが、その人にとってはとてもいい運動になっています。足を常に動かすので、足の筋ポンプ作用がばっちりなんです。

 

貧乏ゆすりをしなくてもいいですが、カカトの上げ下げ運動を気が付いたときにやりましょう。それだけで、足の血流が良くなります。

 

ふくらはぎケアは大事!

家でふくらはぎのケアをしましょう。

マッサージというと揉むイメージですが、揉むと指や腕が疲れやすいので、叩きましょう!

 

両サイドと真裏を強くたたきます。膝から足首にかけて。強めね!

両足で5分程度叩くと、全身がぽかぽか暖かくなってきます。やってみて!腕も使うから、肩甲骨も動くし。

 

こういった地道なセルフメンテナンスで、冷えやコリを予防することができるし、下肢静脈瘤といった怖~い病気も防ぐことができます。

レッツトラ~イ!!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠