ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

バレーボール女子ワールドGP

こんにちは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!
 
昨日からバレーボール女子ワールドグランプリが始まりました。休部中とはいえ、バレーボーラーの私にとって楽しみの一つです。
 
ただし、今回は全部録画になりそう。仕事やし〜。
(T_T)
 

ハイブリッド6

今回の女子バレーの見所は、真鍋監督が考えた「ハイブリッド6」。
 
従来は固定のポジションがあるので、攻撃のとき、だいたいは前衛が行います。一人ぐらいはバックアタックもあるけど。
 
従来型だと、木村選手や江畑選手など、一部の選手にトスが良く上がります。相手がマークしやすいですよね。
 
そして、同じポジションが3人いると、1人は控えの選手になることも多々。ハイブリッド6では、それを解消でき、いい選手をずっとコートに入れることができます。
 
セッター以外は、レシーブ後は全員攻撃に参加。誰が打つかわからないようにします。そのためには、レシーブをセッターに返す返球率が高くないと、ハイブリッド6は実現しません。

全日本メンバー

レシーブ専門リベロの佐野選手。
昨日も随所にいいレシーブをしてくれました。落ちると思ったボールをレシーブ!すごい。オリンピック後は引退と思ってましたが、続行でファンとしてはとても嬉しいです。
 
セッターの宮下選手、まだ19歳。段々うまくなっています。
身長が非常に高いセッターで、レシーブが非常に上手です。
 
江畑選手、ジャンプ力があり、キレイなフォームから打つスパイクは、ホント素晴らしいです。お手本のようなフォームです。
 
 
バレーボール世界ランキング、日本は第3位です。オリンピック後、メンバーが多少変わっても順位を下げてないのがいいですね。
 
 
昨日はロシアに勝ちました。
今日も結果を知ってから、録画を見ることになりますが、それでも力が入ります。
 
ガンバレ!ニッポン!
 
★ピラティス倶楽部尼崎  井上裕惠