ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

呼吸法について

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!! 

 

呼吸法の種類

呼吸法と一口に言っても、ものすごい数の呼吸法が存在します。

ここでは2つの呼吸法をご紹介します。腹式呼吸、胸式呼吸です。

 

1.腹式呼吸

 ・吸った時にお腹が膨らみ、吐いた時にお腹が引っ込む。

 ・寝た時は、意識しないでいると腹式呼吸になります。

 ・副交感神経を刺激し、リラックス効果がある。

2.胸式呼吸

 ・お腹は膨らまず、胸、肋骨が広がる呼吸法

 ・体を動かしている時や、力が入っている時は胸式呼吸になる。

 ・交感神経にスイッチが入り、筋肉を動かしやすくなる。

 

自律神経のスイッチを変える時は、呼吸法をすると変わります。ゆっくりしたいのか、活動したいのか。

 

寝る前に、胸式呼吸をバンバンやってしまうと、自律神経の交感神経にスイッチが入り、体が緊張した状態になり、寝入りが悪くなります。なので、腹式呼吸をして、副交感神経にスイッチを入れ、体全体を緩めましょう。

朝は逆ですよ!

 

ピラティスの呼吸法

ピラティスは筋力トレーニングなので、胸式呼吸を使います。胸だけじゃなく、お腹を引っ込めるという動作が入るので、ちょっと難しいです。

それも慣れで、段々うまく腹筋を使えるようになりますね。

 

ピラティスの胸式呼吸法をやってみよう!

普段している呼吸は自然呼吸で、特にどこを意識してというのはありませんが、呼吸法となると、意識がいります。

体勢はどれでもいいですよ。仰向けで寝る、座る(椅子・床)、立つ。

 

・お腹を軽く引っ込める、ちょっと背伸びする

・最初は軽く吐き、その後

 吸う:3~4秒

 吐く:6~8秒

 

おおよそですが、吸う時間の倍が吐く時間です。

時計の秒針を見てやるなら、

吸う:3秒 吐く:7秒

吸う:4秒 吐く:6秒

など、10秒を1セットとしてやったほうが、等間隔で呼吸法ができます。

しっかり吐けるようになると、たくさん吸えるようになりますので、吐くほうに重点をおきましょう。

 

f:id:pilates-club:20140827152035j:plain

今日の空です。

明るいイメージのものを観ると、胸式呼吸がしやすくなります。

 

呼吸法で精神の安定

呼吸が浅いと、イライラ、せかせかしやすくなるので、胸式でも腹式でも深く呼吸してみましょう。息をしっかり吐けるようになると、気持ちが穏やかになりますよ♪

 

呼吸が浅い時は、文字を書く、パソコン、スマホ、料理など、何かに熱中している時が多いです。

そんな時は、一度ため息をついて、体にたまった空気を出して、新鮮な空気を取り入れましょう!ため息をついたからって、幸せは逃げていきませんよ。

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠