読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

頑張りすぎはよくないと分かっているけど、つい頑張ってしまう自分

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

8月終わりですね~。

近所で最後の盆踊りをやっていました。

すごく頑張りすぎ?

3年半前にフリーランスのスポーツインストラクターになり、この1年半はたびたび襲う体調不良に悩まされています。こう書くと大病患っているように思われるみたいですが、ただの慢性疲労症候群だと思います。多分。

 

腰痛と声枯れなど、スポーツインストラクターとして“いたい”部分に症状が表れます。他人がこんな症状になったら「しばらく休んだほうがいいよ」とアドバイスするのですが、自分は「迷惑がかかる」などの理由で、仕事を休まず続けてしまっています。

 

他人に優しいのに、自分に優しくないよね。

皆さんはいかがですか?こんなことありませんか?

そのせいで、ちっとも体調がよくならない。

ロングバケーション

フリーランスになってから長期休暇を取ったことがなく、週1回休むのが関の山。体育館の職員時代は有給休暇があり、また夏休みなんぞもあったので、ロングバケーションを取ることができました。今から考えると、かなり贅沢な話です!!

 

ロングバケーションといっても、旅する時もあったけど、何もせずただ過ごすだけということをよくしました。それで心身の均衡がとれていたんでしょうね。

そろそろ本当に体の声(潜在意識)に、耳を傾けないといけない時期がきたようです。

 

潜在意識と顕在意識

顕在意識は5~10%で、潜在意識は90~95%といわれています。

顕在意識は、今の自分の感情です。

「仕事を頑張るぞ!」

「そういうことだったのか」など、表面的な意識です。

 

潜在意識は無意識の領域で、過去の記憶、データが入っていて、大きな貯蔵庫みたいなものです。強さでいうと潜在意識の方が圧倒的に強いのです。だって、90~95%もあるのですから。

 

だから、「疲れているけど、仕事を頑張ってするぞ」と顕在意識で思っていても、「体がクタクタだから、休みなはれ」と潜在意識は思わせます。体の声ですね。

 

顕在意識と潜在意識がうまく合致していない時は、何事もうまく進みません。

新しいことを始めたい時に、ブレーキがかかり進めない人がいます。そういう人は、過去に失敗体験があり、潜在意識が「昔、失敗したやん」とささやくのです。顕在意識は「やる」って決めても、潜在意識が違う方向へ導きます。それぐらいすごい力を持っているのです。

まとめ

この不調を脱出するために、秋にロングバケーションを思い切ってとります。断言しておこう。こうでもしないと休まないから!

 

根性あるのは良い時もあるけど、ネックになることもしばしば。

ロンバケは1週間ぐらい。仕事は何もしないで、ただ休むだけにします。

ちょっと楽しくなってきました♪♪

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠