読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

朝起きた時、肩が痛い!そんな時はセルフメンテナンス♪

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

みなさんは、昨日までは大丈夫だったのに、朝起きた時、肩がいたくなっていたことありませんか?

 

私はこの間、首・肩周辺に強い張りがあり、上腕二頭筋(力こぶの筋肉)も違和感がありました。寝違いの痛みではなかったのですが、寝ている時に何があったんだろうと思いましたよ。寝ているから、分かりません。

 

マッサージでほぐす

その日は午前中時間があったので、自分で筋肉をほぐしました。

仰向けに寝て、変な緊張がないようにします。

 

1.首の根っこ近くをつまんでほぐす

首の根っこ周辺をつかんでモミモミ!

つかみ方は、親指を鎖骨の少し上に置き、人差し指、中指で背中側から筋肉をつまんで、ぐりぐりします。コリが強い部分を重点的に!

 

2.肩甲骨の一番上の骨際

背中側の指は肩甲骨の一番上の骨際を上から押します。このあたりも強い張りがありました。

 

3.肩甲骨全体

肩甲骨の一番上ぐらいは大丈夫ですが、その下は手が届かないので、テニスボールを使います。

 

肩甲骨はテニスボール1個でほぐしたほうがやりやすいです。どこがこっているかわからなかたので、仰向けでボールでゴリゴリほぐします。自分の体をずらして、うまく当てましょう!

 

痛いところがあったら、そこに当てたまま腕を頭の方へ上げます。痛くない角度がありますので、探してみましょう。1分半ぐらいそのままにしていると、そこのコリがとれます。時間がない、分からなければ、ゴリゴリだけでもOK!

 

4.首の筋肉

耳から鎖骨の真ん中にかけて、首の筋肉(胸鎖乳突筋)が非常にこっていました。これもつまんでぐりぐりほぐしました。めっちゃ痛かったですよ。

※1・2・4は、座ってもできますので、仕事の合間にやっちゃいましょう!

 

温める

筋肉を温めると、血行が良くなるので、痛みが軽減します。

温かいタオルを当てたり、夜だと湯船につかるという方法があります。

 

最後に

力こぶ付近の筋肉は痛めたわけではなかったので、首や肩周辺のコリをとれば、勝手に治まるだろうと思っていました。実際その通りでしたね。

 

ほぐしは1日だけではなく、しばらく続けたら、あの変な強い張りはどこかへいってしまいました。体の冷えも関係していると思います。毎日、布団を蹴飛ばしてないですからね。(笑)

 

普通の肩こりも、この方法が使えるので、試してみましょうね!!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠