ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

体を使った脳トレ

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

ご存知ですか?体を使った脳トレ。

 

脳の活性化のための脳トレ

脳の機能は加齢とともに衰えます。体が衰えるのと一緒なんです。そして、毎日同じような生活をしていると脳への刺激が少なくなり、加速します。そこで、脳を活性化させるためのトレーニングが脳トレです。体でいうと筋力トレーニングのようなもの。

 

新しい刺激に脳が反応し、できるかできないかという時に一番脳が動き、活性化します。とっさの判断ができるようになる、考え方が柔軟になる、ボケ防止などの効果があります。

 

最近では、スポーツクラブのルネサンスが「シナプソロジー」といって、体を動かす脳トレの普及会を設立しています。

 

脳トレの種類

脳トレといっても様々のものがあります。ゲーム機、パズル、折り紙、計算、料理、体を動かすなど。私はスポーツインストラクターなので、体を動かす脳トレをご紹介します。

 

簡単な脳トレをやってみよう

1.1人ジャンケン

 両手を使い、1人でジャンケンをする

①右手が勝つようにジャンケン

  左手が勝つのもやってみましょう!

 ②右手が負けるようにジャンケン

  左手が負けるのもやってみましょう!

 

2.グーパーグーパー

 ①片手はグーで胸につけ、もう一方はパーで腕を伸ばし、準備。

  グーとパーの動作の入れ替えを速くする。

 ②片手はパーで胸につけ、もう一方はグーで腕を伸ばし、準備。

  グーとパーの動作の入れ替えを速くする。

 ③ステップアップ

②の動きで、入れ替えの時、拍手を1回入れる。

 

できましたか?

1人ジャンケン、グーパーグーパーはどちらも②の方が難しいです。

 

日常生活と違う動き

1.1人ジャンケン

ジャンケンは何を出したら勝つのかは、普通に考えられますが、それを逆にするのは結構難しい。ジャンケンに負けること。

 

2.グーパーグーパー

腕を伸ばす日常動作は、パーで伸ばします。物を取るときは指を開いていますよね?逆にコブシを作って腕を伸ばすことは、日頃しないので難しいのです。

 

出来るかできないかの瀬戸際が、脳が一番活性化します。うまく出来るとそんなに脳が動かないので、違う動きを取り入れたほうがいいですね。

 

運動は脳トレになる

体を動かすこと自体、脳トレになります。歩く、走る、スポーツ、筋力トレーニングなど。じ~っとしていると、筋肉と脳が共に衰えますので、体を動かしましょうね。

レッツ トライ!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠