読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

夜遅くのコーヒーで寝られなくなるの巻

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

タイトル通りのことを、またやってしまいました。学習機能はないのか???

 

夜遅くのコーヒー

先週土曜日、インストラクター仲間のTさんと食事会をして、ソフトドリンク飲み放題の締めがホットコーヒーでした。デザートがあったから、コーヒーを飲みたい気分に♪

 

しゃぶしゃぶ店のコーヒー。カフェインはそんなに入っていないだろうと高をくくっていたら、寝ようと思っても寝られない!マジ?

 

日曜日は休みだったので、焦りはしなかったものの3時ぐらいまで記憶があります。

Tさんとは、帰宅後LINEでやりとりして、彼女は「お腹がいっぱいで寝られない」と書いていましたが、多分コーヒーですわ。いや、きっと!

 

カフェインのメリット

・眠気覚まし

 カフェインは興奮剤の一種なので、交感神経にスイッチが入ります。

・頭痛の緩和

 頭痛薬にも入っています。

・筋肉疲労を回復

 カフェインは血流を良くするので、筋肉の疲労をとってくれます。

 

カフェインのデメリット

・寝入りを悪くする。睡眠の質が下がる

 交感神経にスイッチが入っているので、寝入りが悪いし、眠りが浅くなる。

・貧血

 せっかく摂取した鉄分やミネラルの吸収を阻害するので、食後すぐのカフェイン摂取はあまりお勧めではありません。

・胃痛

 胃酸の分泌をよくするので、飲みすぎには注意が必要!

 

今後のこと

カフェインは紅茶、緑茶、ウーロン茶、コーヒー、ココア、チョコなどに入っていて、摂りすぎると中毒症状が起きるので、止めようと思ってもなかなか止められなくなります。

 

私は8月の夏風邪のおかげで、カフェインを摂る回数がぐっと減ったので、積極的に摂らず、タイミングをうまくやれば、睡眠に支障は出ないと思われます。

自分の学習機能をうまく使いたいもんです。

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠