ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

私のメンター・師匠

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

断捨離しながら、我慢しすぎない!と、昨日のブログに書きました。あと最近やっていることがあります。

 

KYな人を師匠にする

心屋仁之助さんのブログに書いてありました。

 

師匠は、出来る人

師匠は、素晴らしい人

師匠は、すごいひと

師匠は、尊敬できる人

 

だけではなく

自分という人間をさらに知って

自分という人間の器と可能性を広げているには

 

自分の苦手な人

自分の嫌いな人

自分が許せない人

 

これを師匠とすることが一番じゃないかと思うようになりました。

 

自分の価値観の外にいる人

つまり、自分の価値観と可能性を広げてくれる人です。

 

そうなんです。師匠は自分よりできる人、社会的な地位がある人ばかりじゃなく、私にとって苦手な人や嫌いな人、KYな人も師匠なんです。

 

私はマナーやルールを守るのが「当然」と思っているカッチカチ人間です。それが自分を苦しめる一番の理由なのが、最近わかりました。親や周りの環境で、そう思ってしまった。

 

例えば、電車で、携帯の呼び出し音がなり、止めるのかと思いきや電話に出ちゃう人を発見。

私「電車では通話はだめって、さっきもアナウンスあったやん。何で電話するん?」イライラ。イライラ。よくありますよね?

 

裏を返せば、「私も電車で、気兼ねなく電話したい」というのが本音。だって、通話じゃなく友達同士で喋る声のほうがうるさい時があるのに、なんで電話はあかんの?と思ってます。

 

また、何回かけても留守だった人から電話がかかってきた。なのに、電車の中で出られない。もう~!!何で今なん?イライラ。

自分と真逆にいる人、個人的主観でKYな人にイライラするけど、実際は「うらやましい」のです。そんな人を「私の師匠」に認定。

 

私の師匠

師匠は1人じゃなく、何人いてもOK。

 

1.ぶっきらぼうな奴

スポーツ関係以外の仕事もやっているのですが、そこの職場で、人の目を見ず、ぶっきらぼうにぼそっと話すオヤジ社員がいます。私と同い年なんだけどね。ウフ!

 

名前を言ってくれないから、私に話しかけているのかわからないし、ぼそって言うから余計わからん。個人的には嫌いなタイプ。はっきり喋れよ~!!!!イライラ。そこで師匠に認定~♪

 

ぶっきらぼうにボソッと喋る。他の人も分かりにくそう。師匠、その話芸を頂きます!私にかけているのは、分かりにくく、ぼそぼそ喋ること!

わわっ、また人の陰口言ってるし~。その人が席を外すと、違う人と陰口言ってる~。すげえ半端ないわ。師匠~~~(笑)

 

この間から、心の中で「師匠」を連呼することにしたら、めっちゃ楽しくなってきました。その人が嫌いというより、面白くなってきました。

 

そうなると、流れが変わるようで、その日の後半に「井上さん、○○」と名前入りで話しかけてきました。いつもは名前なんかなしで、ボソッとだったのに。

速すぎませんか、師匠~♪

 

2.今日出会った師匠

うちのマンションの駐輪場はまあまあ大きくて、出口に行くまでにちょっとあります。一応、乗車はだめなんですが、乗る人もいます。結構たくさん。

 

今日出会った師匠は一味違いました。

師匠は二段式の駐輪ラックをガ~ンとおろし、雑に自転車を取り出しました。そして、チョー急いでいたのか、ものすごい速さで自転車に乗って出口まで行きました。生活道路を時速100kmで走る車のよう!

 

さすが、師匠!張り紙を完璧無視して、それもすごい速さで自転車こぐなんて、すごすぎる~。駐輪ラックが潰れようがお構いなしで、自分を優先させるところがすごい!やりますね、師匠~~~♪

 

師匠を見習い、私もやってみました。ラックじゃなく乗車ね。100kmは出ず、チョー徐行運転。ビビりや!

でもやったんかい~。

ああ楽しかった♪

 

皆さんの周りにも「師匠」はいっぱいいるので、どうぞ認定してあげてくださいね。楽しくなってきますよ。あはは!

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠