読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

毎日の習慣でついた歪みをピラティスで解消!

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

毎日の習慣、自分の動き方を繰り返すことで、体が歪んできます。ピラティスインストラクターといえども、悪しき習慣はあります。

 

悪しき習慣

私の悪しき習慣、何個か書きます。

1.鞄をいつも右肩でかつぐ

2.立っている時、つい右足に体重をかけてしまう。

3.まっすぐを意識しない時は、首が左へ傾く。

4.右利きだから、右手中心の生活。

5.運動の見本を見せる時、得意な方ばかりで実演する。

などなど。

 

クセががっちりついている時、逆をやり始めるとものすごく違和感があります。

1.鞄を左肩でかつぐ。→すぐに持ち手が落ちる

2.左足重心にする。→長い時間できない

3.意識して首を右に傾けようとする→いつも縮んでいる左側の首の筋肉が伸びにくい。

4.左手を使う→どれもこれもうまく出来ず、イライラ。

5.見本→苦手な側を使ってみせると、体が安定しない。

こんな風に、やりにくさ1200%!

 

ピラティスで少しずつ歪みを改善

ピラティスは小さく地味に動くので、やりにくいほうがあったとしても「すっごく嫌」というふうにはなりません。

お腹を引っ込め、背伸びする意識をずっともっていれば、苦手なことを忘れます。「今やることに集中する」。その小さく地味な動きが、体をニュートラル(偏りがない)な状態へ!!常にセンター(真ん中)を意識することになるので、体の重心がセンターに戻ってきます。

 

逆に大きく動きすぎると、インナーマッスルじゃない部分をトレーニングするので、骨格をニュートラルへ導くことができません。こんなんでいいの?ぐらいの小さい動きです。

 

ピラティスをした後

ピラティスをした後は、自然に体がまっすぐになるので、首を右へ傾けたり、片足重心になりにくくなっています。ピラティスを続けると、ホント偏りが減ってきますよ。私も最近は苦手な方で見本を見せるようにしたら、体の歪みが少しずつ改善されてきています。なんでも片側ばかりはあきませんね。

 

みなさんは、姿勢のクセありますか?

 

★ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠