読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

このムダな努力をやめなさい

こんばんは~。

久しぶりの投稿!

読者の冬なので、面白い本をゲットしました。最近はまっている心屋仁之助さんが読んでいた本。

f:id:pilates-club:20141207141838j:plain

「このムダな努力をやめなさい」

成毛眞著書

 

引き寄せた本

心屋仁之助さんの「心の在り方」のおけいこを毎月DVDでやっとります。10月~。こういうのって、自分が思っていること、許可していることだから、自分に合ったDVDになっている。マジです。

そんな心のおけいこをしていて、マイクロソフト元社長 成毛眞さんの本を読むことになりました。

 

努力家が知っておくべきこと

「人生を諦めろ」というのではなく、「自分の人生を生きろ」ということ。人の目を気にする「他人軸」を止めましょう。自分に素直になればいい。本に書いていることで、うなづけるものがたくさんありました。

 

電車やバスの携帯電話。若者が通話していると鬼のような形相で睨んだり、叱り飛ばしたりする中高年が多い。しかし、ところかまわず大声でおしゃべりしているおばちゃん連中は許され、なぜ小声で話す携帯電話は許されないのか不思議に思ってしまう。

外国では電車の中でも平気で携帯電話で話している。目くじらたてるのは日本だけ。

 

そうなんですよ。前々から疑問に思っていたことだったんです。正義感バリバリの人に、電車内通話の話をすると、「アカンに決まってるやん」と一喝されました。あはは。私もたまに電車内通話していますよ。

 

最近では、中高年のほうが大きな声で通話しているケースが多く、マナーモードにもしてへん。呼び出し音がやたらでかい!どこを押していいのか確認に時間がかかるから、呼び出し音の時間がなが~い。長いねん!(笑)近くにいるでしょ?こんな人!

 

逆に若者はイヤホンをして、音楽を聴いたり、ゲームをしている。シャカシャカ音もしないのね、最近のイヤホンは。すごいよ!

 

優先席付近では電源を切るべきだといわれているが、今どきのペースメーカーは隣にいる人が携帯で話しているくらいで壊れたりはしない。それで壊れるぐらいなら、怖くて街は歩けない。それどころか、ペースメーカーを埋めている人も普通に携帯電話を使っている。

携帯電話よってペースメーカーが誤作動したという報告は1件もない。すでに医療界ではペースメーカーから22cm離して使えば問題ないとされている。

 

いつ決まったのか知りませんが、世の中の常識を無条件に信じ込むことは、洗脳されているのと同じですよね。

 

好きなことだけして生きていく

ほんの一例を載せましたが、なかなか芯をついていて、納得できるものばかり。納得できないあなたは「偽善者」かもしれません。(笑)

 

変な常識にとらわれず、自分が思った通り、直感を信じて進めばいいのですが、どうも他人様の目を気にする「他人軸」が横行してますよね。

 

周りにビクビクしないで、素直に「好きなこと」「得意なこと」「やりたいこと」を進めていけば、最初、風当たりは強いですが、そのうち風はやみます。「そんなことしたら、不幸になるよ」「どうせ無理」「だまされんな」「お金をたくさん持っている人は悪い奴」なんていう「風」。

 

自分で制限を作らないで進んでいこうじゃあ~りませんか。

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠