ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

声枯れに効く漢方薬「響声破笛丸料」 見っけ!

段々寒くなる気配がする~。

風邪引きひろにゃんこと井上裕惠です。

こんばんは。

 

葛根湯でサポート

風邪をひいたので、疲れたら寝る時間を作っているのですが、顔面痛と歯が浮いた感じがすっごくするので、「葛根湯」を飲んでいます。多分ですが、副鼻腔炎になるパターンなんですが、鼻水が出ているわけじゃなく、鼻づまりじゃないので、副鼻腔炎と断定できず、頭痛ということで、葛根湯を飲むことにしました。

 

動き回ることを少なく、体を温める、水分が多い食べ物を摂取などを心掛けているおかげで、少し顔面痛がマシになりました。顔面痛は左の頬がすっごく重たい感じがします。上顎洞に炎症があるんでしょう。

 

@ドラッグストア

今日、仕事場へ行く途中、蓄膿関係の漢方薬を調べに、ドラッグストアへ行きました。ある程度リサーチしていたので、それがあるかどうか。

 

そしたら、声枯れに効く「北日本製薬 響声破笛丸料」を、とうとう見つけました。

f:id:pilates-club:20141212220127j:plain

 今年2月だったかな、エスエス製薬がこれを生産中止にして、がっくりきてたんです。

f:id:pilates-club:20141212220341j:plain

暫くはマツウラ製薬のを使ってましたが、成分量が北日本の半分なんですよ。効かないわけじゃなかったけど、できたら北日本製薬のがいいなと思ってました。

 

どこにあったかというと「ダイコクドラッグ」。仕事場の近くのお店で見つけたけど、多分、他の店舗もあると思いますよ。た、多分。

 

声優さんやアーティストで、声を使う職業の人がこれを愛用しているんです。毎日飲むとかじゃないですが、声枯れした時に使う。

 

蓄膿関係の漢方薬のことなんか忘れて、こっちを買っちゃいました。あはは。後で調べたら、副鼻腔炎は葛根湯を使うケースもあるらしい。まっいっか。

 

体を温める

風邪をひいているのに、仕事の帰り、本屋さんで1時間ほど本のリサーチをしてきました。なんか知らんけど、本屋さんが好きなんですよ~♪♪色んな本を見て回りましたが、最後に「健康」関係の本。

 

石原結實医師の本を、ちょっと立ち読み!

うろ覚えですが、この人がリンゴ・人参ジュースを勧めていたから、私も始めたと思います。毎朝、ジューサーで作って飲んどります。人参嫌いの私でも続けてます。

 

「体を温める」「少食」という健康法を推奨されています。癌が治った方もいらっしゃるのです。やっぱり温めるのは大事だな~と思いました。

 

今回の風邪は葛根湯のサポートはありますが、しっかり休んで、自分の免疫力で早く治したいと思っています。

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠