読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

自分に許可を出すと、周りが変わってくる!

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

今日は啓蟄で、地中にいる虫たちがそろそろ出てくるよ~という時季。寒いけど、お正月のガチンコ寒さとは大違い。春やね。

 

心理カウンセラー

昨年末あたりから、心理カウンセラーになりたいと口にして、いろいろ動いてきました。

・仕事を減らして、スケジュールに余裕を持たせる。

・日本メンタルヘルス協会の基礎講座を受講

・自営の教室でカウンセリングの看板を上げる。

・心屋仁之助さんのブログを熟読したり、DVDを何回も見る。

 

とりあえず行動してみないと分からないので、動きましたが、最近分かりました。心屋仁之助さんこと仁さんのブログが、決定打だったんですが、私今のままで良かったんだ!

 


■カウンセリングを学んだからといってカウンセラーになる必要はない|心屋仁之助オフィシャルブログ「心が風に、なる」Powered by Ameba

 

カウンセリングだけをやることに、少し違和感があった私。仁さんのブログを読んで、私はスポーツやトレーニングを通して、メッセージを伝えていた。

 

つまり、「すでにそうである」ということ。

 

ぐるっと1周回ってきて、元の状態に戻ったのですが、1周回らなきゃ分からなかったこと。

 

手放すとわかることがある

仕事はいくつか手放しました。分かったことは、受講生との信頼関係がすっごくできていたし、私のファンだった方が多かったこと。レッスンに関係ないことを、よ~喋ってますからねぇ。喋る姿が生き生きしているみたい。

 

あとね、仕事をガンガンこなすタイプじゃなかったという答えもありました。体力あるからやれるんだけど、スケジュールにゆとりがないと、すぐバテテしまう。。

 

今まで仕事が一番好き!って、思っていたけど、そうじゃなかったのね。小さい頃の夢はお嫁さんになりたかった。まだなれてませんが、最近は今までの逆をやっていくと、いつもと違う展開もありました。

 

今まで、周りからの助けをシャットアウトしていたけど、自分に許可を出し始めると、今まで見えなかったものが見えてくるんです。聞こえてくるんです。

 

自分の良いところ、悪いところを認める。「そんな自分がいるんだ」

そして、自分は愛されているんだと思うこと。「愛されている」というのは、自分が赤ちゃんだったころの写真を見るとわかりました。親にはよく叱られた思い出が多く、愛されているなんて思ってませんでしたが、私の周りはみんな笑顔でした。

 

私だけじゃなく、結構な確率で勘違いしていると思いますよ~。(笑)

今を楽しむことが段々分かってきた私です♪♪

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠