ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

引き寄せ実践日記3日目~身近にあった幸せ~

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

今日は夕方まで雨で、仕事帰りにやっとやみました。よかった!

f:id:pilates-club:20150707211456j:plain

 

引き寄せ実践日記3日目です。

3日目というと、まだ気持ちがフラフラしている感じがありますね。「〇〇したらダメ」と思うと、そっちへ傾いてしまいます。(笑)

「気持ちが傾いてもいいよ~」だと気が楽かな?

 

自分にとって一番恐ろしく、一番嫌なことをする

1年前の私は、仕事がまあまあ多くなった時期で、収入が増えたのはよかったけど、なぜかしんどくて!しんどくて!休みがほしい~。

7月からは週1回の休みがあったけど、疲れがとれず、コンビニのガラスに映った自分を見てびっくりしました。顔が疲れてる!!

 

たまたま横を通り過ぎる外人さんを見たら笑顔!

え、この違いは何?

ダメじゃん!私何をやってるんだろ~。

 

8月に入ってからいろいろ考え、ピラティス倶楽部を一旦止めることにしました。そこへ行きつくまで、ものすごく考え、勇気がいったけど、一度決めるとスムーズにできました。

 

1つ目手放すと、2つ目以降はわりと簡単に手放すことができ、今年の3月までに仕事をじゃんじゃん減らしました。4月が一番少なかったな。4年前のフリーランスになったときと同じぐらい仕事が少なくなりました。大赤字だけど、一度手放さないと、自分がダメになってしまうと思ったし。

 

仕事を減らすのは怖くて、胃が痛くなる時がありましたけど、スケジュールが空くと、身体を休める時間が多くとれ、私の身体にとってはすごくいいことでした。

 

少し元気になると、仕事がしたくなり、ジムのバイトを始めました。オープニングスタッフだったので、5月は忙しくなり、下旬から週休2日制をとるようにしました。その2日間はスケジュールを入れない。

 

しかし、先月の頭に疲れと冷えで体調を崩し、2日間ほど寝込みました。

 

身近にあった幸せ

最近はスケジュールを入れず、家で1日中寝てることがありますが、最初は死ぬほど怖かったけど、先月寝込んだ時に分かりました。

 

1日中寝ていても、私は大丈夫なんだ。

社会から見放されたわけじゃないんだ。

認められてないわけじゃあないんだ。

無理にスケジュールを入れていたけど、本当は身体を休めることが一番の贅沢なんだ!私をいたわることが幸せなんだ♪♪

 

いつもないものねだりをして、遠くを見てました。そこに幸せがあるんだ!と思ってました。でも本当は幸せは身近にありました。自分が気づいてないだけだった。バカな私!

 

それがわかると、自分の手料理がとっても美味しく感じられるし、たまにじ~んときて涙が出ることもあります。こんなにおいしいの?質素な味付けなのに。幸せ~♪

 

時間の長さが全然違ってきてます。時間にゆとりがあるので、イライラすることがかなり減りました。これはびっくりです。

 

何が原因だったか

昨年は仕事がすっごく嫌でしたが、何が原因だったか?

・休みが少なかった

・長距離の移動をしていた

この2つが一番大きかったな。

 

よく考えたら、昔からズボラな私が勤勉になりすぎたのに無理があった。皆さんが思っている以上にズボラです。すぐ休みたがる。(笑)

そして、学校や職場は近いところをずっと選んでいたのに、フリーになった途端、長距離を選んでしまった。移動は疲労を招きます。

それを解消したら、随分楽になり、もっと仕事していいなと思うようになりました。

 

本日のアクセス

160

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠

www.pilates-club.org