ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

呼吸法で背中の筋肉を動かそう!

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

 

ピラティスの呼吸法についてです。

ピラティスの呼吸は、お腹を引っ込めて吸ったり吐いたりする胸式呼吸です。

 

呼吸は、まず息をしっかり吐くこと。そうすると、よく吸えるようになります。

 

そして、吸ったとき、肺の周りの筋肉が動いているのを感じて欲しいです。胸式呼吸は、胸側の肋間が広がるだけではなく、脇や背中の肋間が広がります。


背中側の肋間は、広がりにくいのですが、呼吸法を繰り返し行うと、動くようになります。脇も同様です。

背中の筋肉が動かない場合は、そこが動くイメージをしてください。イメージすると筋肉は徐々に動くようになります。不思議ですよ~。


肋間全部が広がりやすくなると、1回に吸う分量が多くなり、筋肉のコリがとれやすくなります。特に背中側!筋肉は動かすことで、ほぐす効果があるのです。もちろん肋間も筋肉ですからね。


強いコリがあると呼吸は浅くなるので、気分や身体がリラックスできなく、脳の働きも悪くなり悪循環です。

 

息を吐くときにはお腹が締まるのを感じ、吸う時には、胸・脇・背中の広がりを感じてみてくださいね。

 

この胸式呼吸を自分のものにすれば、くびれちゃんも夢ではありませんよ。

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠

www.pilates-club.org