読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ピラティスのリハビリ的役割

こんばんは。

ピラティス倶楽部尼崎の井上裕惠です!!

寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!寒い!

 

これぐらい言ったら、気が済みました!

 

では本題!

ピラティスのリハビリ的役割」

 

え~わたくし、今週月曜日にバレーボールをしてて、腰を捻り、痛めました。

「どうすんねん、仕事は?」というのが一番気にかかったこと。痛めた日は、とりあえず休み、次の日のピラティス教室前に体と動きのチェック。

 

レッスンで行うものをやってみたら、出来るものが多く、出来ないものも判明。出来ない種目はしばらく禁忌運動にして、やらない!

あ、すみません!受講生の皆様には、説明しますので、しっかりやっていただきますよ~。

 

教室では見本を見せたり、受講生と一緒に動いたりします。軽くトレーニングしていることになり、1日終えると、朝より体が好調なのに気が付きました。

 

ピラティスって、元々は負傷したドイツ兵をリハビリで、寝たままの姿勢で筋肉が固まらないようにする健康法でした。寝たままだと運動不足になるので、運動不足解消!

 

だから、負傷している私にもリハビリ的役割をしてくれているのです。痛くてできないのはおいておいて、動ける種目が多いから、それは普段通りにやる。そうすると、筋肉が固まらなくて柔軟性を保てます。

 

筋肉が固まると日常生活するだけでしんどいので、柔らかさを保つことは大切です。最近は医療現場でも、手術しても、できるだけ速く日常生活ができるよう、早く動けというみたいです。衰えるのは、めっちゃ速いですからね~。

 

大腰筋と腹斜筋を痛めているので、無理にせずほどほどに使い、毎日軽いピラティスを淡々と続ける。そのうち、大腰筋と腹斜筋が回復してきたら、出来ない種目もできるようになります。

 

回復は動かすだけではなく、寝て治すことも含まれるので、トレーニングと十分な休養を取ります。あとは日にち薬です。

 

今できないものが、そのうちできるようになるって、信じているから、トレーニングが楽しく出来ています。出来るようになるのが待ち遠しいのだ~。

 

ピラティスは若い人だけがやるものではなく、年配の方も十分できます。体育館のピラティス教室は年配の方も受講されてて、だんだん楽しくなってきているのが分かります。

 

美ボディだけじゃなく、機能改善の役割も大きいので、人それぞれいろんな楽しみ方ができるなぁって思います。

 

私はケガをしたから余計ですが、これに関われてよかったです♪♪

 

クリックお願いします↓↓↓

にほんブログ村 健康ブログ ピラティスへ
にほんブログ村

 

ピラティス倶楽部尼崎 井上裕惠

www.pilates-club.org