ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

若返りアドバイザー・自然派カウンセラー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ピラティスを受けると可動域が広がる

こんにちは。

ピラティス倶楽部の井上裕惠です!!

 

今日もいい天気で、風がさわやか。

うちはエアコンなしでいけます。つけると寒い。

 

あ、ピラティス倶楽部のときはつけてますよ。

 

 

5月からピラティスを自主トレで受けに行ってます。グループとプライベートの併用。

 

特にプライベートですが、私に合った内容してくれるので、受けるたびに体が変わっていくのがわかります。

 

動かす範囲、可動域が広がってきてるので、体を動かすのが楽になってきてます。

 

受け始めた頃は、仙骨周辺、胸椎が痛みを伴いトホホな感じ。それが徐々に解消されてます。

 

 

痛いけど、できる範囲で動いた方がいい。一番いけないのは、安静。固まるね。

 

本当にダメなときはすぐに伝えます。だって体を痛めるからね。

ここまでならできるっていうのも伝えます。

 

このときばかりは「大丈夫」はやめてます。

「いける」「いけない」など、具体的に。

 

 

今までの刷り込みで、頑張らないとダメだとか、格好悪いし〜とか言ってられない。自分と向き合うのだ。

 

だからピラティスって、単に肉体的なエクササイズだけじゃなく、内側の自分と向き合えるものなのです。

 

 

そんなこんなで、ピラティスを受けると可動域が広がり、良好な体づくりができるんだな♩

 

 

ピラティス倶楽部尼崎  井上裕惠