ぴーくら通信 @ピラティス倶楽部尼崎

身体リフォームアドバイザー井上裕惠のブログ

スポンサードリンク

ジャンクなものに助けられる

こんにちは

身体リフォームアドバイザーHiroeです!

 

 

食品添加物を出来るだけ摂らないように心がけ、基本は質の良いものを摂るようにしています。

 

 

しかし、しかし、体調不良の時に限ってジャンクなものが欲しくなり、食べるのです。

 

 

 

 

 

チョコが食べたいと思い、カカオの含有量の多いものを食べると、気持ち悪なり吐く!

 

今回はチョコレートととの戦いでした。(戦いって。笑笑)

 

カカオはいい成分なんだけど、量が多いとわたしには合わないようです。昔から砂糖の含有量方が多いチョコを食べてたから、カカオをたくさん受け入れられないのでしょう。

 

結果、チョコレートとココアはカカオの含有量をめちゃくちゃ少な〜くしたらいける。

 

 

 

 

でね、味噌汁も欲しいから飲むんだけど、今回はなんかダメで、よく吐いてました。

 

良く言えば

「胃の洗浄をしてくれた」

悪く言えば

「(今は)きつくてあわなかった」

 

 

 

 

冒頭にも書いたけど、体調が悪い時ほど、ジャンクなものに助けられるのです。あざーす!

f:id:pilates-club:20180211131949j:image

昔っからやねぇ。

なんなんだろうね。

 

 

かといって大量投入は、吐く!

(今回は吐いてばかりです)

 

 

質の良いものは、エネルギーが強すぎるのかしらん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと考えられるとするならば、「病気になれば、いつも食べられないものが食べられる。」

 

小さい頃は、レディーボーデンなどの高級アイスは病気のときしか食べれなかったし、お母さんが「食べたいもの、ある?」と聞いて優しくしてくれた。

 

そんな体験が今でも染み付いてるのかもしれません。

 

 

病気=わがままできる

 

 

 

 

 

 

 

 

とはいえ、今はジャンクなものを食べ過ぎると口内炎、歯肉炎になる確率が高いので、ほどほどにしておかないとあきません。

 

 

 

 

 

 

とにかく今回もジャンクな食べ物に助けられたことが多かったです。

 

 

悪者と思ってるだけで、いいところもあるのさ!

 

 

「表と裏」

表裏一体なので、時々助けてもらおうジャンクな食べ物。

後で吐くかもしれませんが…。

Σ(゚д゚lll)

 

 

 

 

ピラティス倶楽部尼崎  井上裕惠